東レハイブリッドコード株式会社

Japanese

Japanese

  • Japanese
  • English
事業内容

グローバル展開

 当社は半世紀以上に亘りタイヤコード事業を継続してきました。産業用コード事業もまもなく半世紀を迎え、カーペット用パイル糸事業も30年以上の歴史があります。
 この間、国内はさまざまな事業環境変化が続き多くの試練に遭遇しました。
 急激な円高、原料・エネルギー価格の高騰、それによる国内市場への海外製品増加。厳しい環境においても当社事業の国内シェアを維持し、ものづくり企業、サプライヤーとしての責任を果たすとの強い思いでこの試練を乗り越える努力を続けてきました。
 具体的戦略としては「コスト競争力と品質競争力を有する輸入糸の活用」、「海外競合が追いつけない品質・品位の向上と要素技術の確立」でした。
 輸入糸の活用については、2004年からアジアの原糸メーカーと取り組みポリエステルタイヤコード生産で使用開始、当社のコストダウン固有技術による自助努力とも相まって海外製品と互角に戦えるコスト競争力を獲得しました。
 また品質・品位競争力は若い技術者のひたむきな開発努力により、いまや国内のみならずアジア・ASEANでトップレベルに至っています。
 現在はこれらの戦略が効果を発揮しタイヤコード事業は国内シェアNO.1まで成長してきました。
 現在、この試練の時期に積み上げてきた固有の技術・ノウハウ、仕組みを活用し、自動車生産の拡大が予想されるアジア・ASEAN地域に積極的に進出し、既存3事業での海外展開を推進しています。
 東レグループの一員である強みを活かし、2015年4月よりタイに販売拠点を持ち、2016年6月6日にはタイ(バンコク)に製造販売新会社(Toray Hybrid Cord (Thailand) Co., Ltd.)を設立し、2017年10月より自社生産事業を立ち上げました。このように、当社はグループ海外加工メーカーを含めたアジアでの生産拠点を拡充しています。これからも、ファイトあふれるたくましいグローバル人材の育成を進め、事業拡大に取り組んでいきます。

TOP OF THIS PAGE