東レハイブリッドコード株式会社

会社情報

社長挨拶

 東レハイブリッドコード株式会社のホームページへアクセスしていただき、誠にありがとうございます。
 この度、お客様に対する「納入製品の検査成績書に記載のデータ」を不正に書き換えていたことが判明し、先日公表いたしました。皆さまにはご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
 東レグループにおいて「企業倫理と公正」は、経営の最優先課題のひとつとして、役員・社員全員に周知徹底するとともに、自由・公正・透明な市場競争に基づく適正な取引を行い、社会の厚い信頼を得られる企業活動を行うべく努力して参りました。ところが、このような事態を招いてしまいましたことは誠に遺憾であり、皆さまにご迷惑とご心配をおかけしましたことを、改めまして深くお詫び申し上げます。今回の事態を真摯に受け止めて、新社長として今後より一層のコンプライアンス強化に努め、再発防止とともに信頼の回復に全力で取り組んで参る所存です。
 当社は1961年12月東洋タイヤコード株式会社として設立、1971年8月に東レ(株)100%出資の国内関係会社となり、その間今日までタイヤコード事業、産業用コード事業、カーペット用パイル糸事業をコア事業とし順調に拡大を進め、現在では自動車用途を中心とした東レグループの産業資材用繊維高次加工の最重要拠点に成長してまいりました。
 そして2014年4月1日、国内外のお客様へ向けて東レグループにおける当社の位置付けを明確にするとともに、一層のお客様との共同取り組みを充実させていくことを目的に、東レハイブリッドコード株式会社への社名変更を行いました。
 「ハイブリッドコード」には、事業内容の拡大によりコード事業全般が当社のコア事業となっていることと、さらには当社が保有する特殊な複数の要素技術、あるいは当社が扱うさまざまな繊維の「複合・混成」から革新的な先端コード材料を生み出すとの企業コンセプトを表現しています。このコンセプトのもと、私たちは将来に亘りたゆまぬ技術革新の追求に徹底的に取り組み、価値ある新製品開発・新事業開拓の推進に努め、社会に貢献していきたいと考えます。
さらに、当社はお客様のグローバル調達(同一品質製品の国内外一括購買)、および生産拠点BCP(国内外多拠点生産)に対応すべく、2015年4月よりタイに販売拠点を持ちアジア・インド地域のグローバル生産販売体制をスタートさせました。2016年6月6日にはタイ、バンコクに製造販売新会社(Toray Hybrid Cord (Thailand) Co., Ltd.)を設立し、2017年10月より自社生産事業を立ち上げました。これによりグローバルサプライヤーとして、アジアを中心とした自動車関連需要を取り込み、成長拡大を目指します。
 そして、成長を続けるための原動力は人材育成であります。熱意あふれるひたむきな人を育てることにより、ものづくり企業としての基盤を強くし、難題にも果敢に挑戦する企業文化を培っていくとともに、一層の技術の深化を図ります。
 このホームページを通じて、皆さまに東レハイブリッドコード株式会社をご理解いただければ幸いに存じます。

2017年12月
東レハイブリッドコード株式会社
代表取締役社長 青木正博

TOP OF THIS PAGE