東レハイブリッドコード株式会社

Japanese

Japanese

  • Japanese
  • English
会社情報

社長挨拶

 東レハイブリッドコード株式会社のホームページへアクセスいただき、誠にありがとうございます。
 当社は1961年12月東洋タイヤコード株式会社として設立され、1963年2月に操業開始、1971年8月に東レ株式会社100%出資の国内関係会社となり、今日までタイヤコード事業、産業用コード事業、カーペット用パイル糸事業をコア事業として順調に拡大を進め、現在では自動車用途を中心とした東レグループの産業資材用繊維高次加工の最重要拠点に成長してまいりました。
 そして、2014年4月1日には、国内外のお客様へ向け東レグループにおける当社の位置付けを明確に示すとともにお客様との取り組みを一層充実させていくことを目的に、東レハイブリッドコード株式会社へ社名を変更いたしました。
 「ハイブリッドコード」の名称は、当社の事業内容の拡大によりコード事業全般がコア事業になっていること、および当社が保有する複数の特殊な要素技術、さらには当社が扱うさまざまな繊維の「複合・混成」から革新的な先端コード材料を生み出すという企業コンセプトを表現しています。このコンセプトのもと、私たちは将来に亘りたゆまぬ技術革新に取り組み、価値ある新製品開発・新事業開拓の推進に努め、新しい価値の創造を通じて社会に貢献してまいります。
 また、当社はお客様のグローバル調達(同一品質製品の国内外一括購買)、およびBCP(事業継続計画)の方針に対応すべく、2015年4月にタイに販売拠点を設立し、アジア・インド地域のグローバル販売体制をスタートさせました。さらに2016年6月6日にはタイ、バンコクに製造販売新会社(Toray Hybrid Cord (Thailand) Co., Ltd.)を設立し、2017年10月に自社生産を開始しました。これによりグローバルサプライヤーの地位を確立し、アジアを中心とした自動車関連需要を積極的に取り込んで、成長拡大を目指します。
 そして、当社がものづくり企業としての基盤を強化し成長し続けるために力を入れているのが、人材育成です。当社のMission「私たちは、産業用繊維の加工技術と品質管理により、お客様製品の安全・安心・快適に貢献してまいります。」を完遂すべく、社員一人ひとりの知識やスキルの向上を図るとともに、高い倫理観と熱意を持つ人材を育成してまいります。
このホームページを通じて、皆さまに東レハイブリッドコード株式会社をご理解いただければ幸いに存じます。

2020年1月
東レハイブリッドコード株式会社
代表取締役社長 青木正博

TOP OF THIS PAGE